剣歯虎(サーベルタイガー) -SV925ネックレス-

剣歯虎(サーベルタイガー)の頭蓋骨ネックレスです。
頭蓋骨部分はSV925製。ネックレス部分は四編みの革でできています。

剣歯虎の頭蓋骨をSV925で立体的に再現。
White Metal Strap Series とは違い、上下に可動可能な下顎がついています。
身につけない時にも、コレクションとして飾っておける専用飾り台付属。

=======================

剣歯虎は、およそ8000年前に絶滅し北米の最新世の地層から化石で発見された、体長はライオン程である上顎の犬歯が短剣状に発達している食肉獣です。
スミロドン、サーベルタイガーとも呼ばれています。

その最大の特徴である20センチメートルにも及ぶ牙状の長大な上顎犬歯は、見た目から男子の心を揺さぶるアイテムであり、実際に生息した伝説の生物としてよく、映画やゲームなどのモンスターとして登場するので馴染みは深いのではないでしょうか。

大型の犬歯と発達した前肢は、確かに大型獣を捕殺するのに極めて適応した形態だったのですが、走行という面においては、走行と捕殺の機能を高次に兼ね備えた新しいタイプの捕食者に大きく水をあけられてしまう事を意味しました。
地球が寒冷化し、大型草食獣が減少しつつある時代においては、かれらは時代遅れの存在となっていったのです。
またジャガーやオオカミなど新しい捕食者に比べて脳が小さく、知能に劣ったことも要因の一つとされています。

残念ながら絶滅動物でありますが、もしこの現代にまだ生息していたら、ライオン・トラと並んで、絶大的な人気を誇っていたに違いありません。

時代を越えて何者も破壊する伝説の牙をその手に。

=======================

素材:SV925・革・木・真鍮
サイズ:頭蓋骨部 約W18×H19×D28(mm)・四編み革製ネックレス 色 黒 / 約Φ3×480(mm)・飾り台約Φ45×H30(mm)
重さ:13,2(g)

※本製品はひとつひとつがハンドメイドとなっている為、その時々で入手できる素材により、骨や木のヒビ割れ・欠け表現などには若干の個体差があります。これらは製品の不具合や欠陥ではなく、ハンドメイドだからこそ生じる個体差であり品質を損なうものではありません。予めご了承ください。
※お使いのモニター環境により、写真と色見が異なる場合がございます。

【剣歯虎(サーベルタイガー -Sabertoothed Cat-・学名 -Machairodontinae- )とは】
サーベルタイガー
剣歯虎(けんしこ Saber-toothed cat)は、漸新世後期から更新世にかけて栄えたネコ科に属する食肉獣の中で、上顎犬歯がサーベル状(長大だが厚みはあまりない)となったグループである。
おそらく単系統であり、マカイロドゥス亜科 Machairodontinae として分類される。
サーベルタイガーとも。
肩高は約1mから1.2m。
独自に発達した上顎犬歯は20センチに及ぶ短刀状の牙となり、大型動物を専門に狩るための武器として使用したと考えられる。

剣歯虎の仲間は、ずんぐりした四肢の特徴から、俊足の中型・小形動物を高速で追跡して捕らえる事は困難であったと考えられ、動きの比較的緩慢な大型動物(ゾウやサイの類、メガテリウムの仲間など)を襲ったと考えられる。
長大な牙で刺して倒していたと思われるが、大きな牙を大動物に刺すと折れやすく危険であることから、噛み殺すというよりは、柔らかな首に噛みついて器官や血管を切断させることで失血死させたのだろうと思われている。
犬歯は頭部上顎部と歯肉と歯根膜を媒介として繋がっているだけで、強い力が加わった場合、抜けたり、梃子作用により局部的に力が加わり上顎骨を破壊する危険性があるからだ。

一方、その牙は死体を切り裂くために使われ、従って剣歯虎は死肉食であったとする見解も一部にある。
しかし、古生物学者の鹿間時夫の見解では、攻撃獣の骨は損傷が多いが、腐肉食獣の方は骨に損傷がない。
スミロドンの骨には損傷が目立つので、攻撃者だったと思われる。

- Wikipediaより一部引用 -

¥ 13,800

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料840円が掛かります。

通報する